• このエントリーをはてなブックマークに追加



    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 22:41:02.54 ID:???*.net
    今月3日、日本テレビの新人アナウンサー、笹崎里菜がデビューした。
    同局系のバラエティ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』に出演し、これからの抱負を語ったのだ。

    ほんの短いコメントだったが、ホステスのバイト歴で内定取り消し、それを不当だとしての訴訟、さらに逆転入社という経緯があるため、
    芸能マスコミの取り上げ方は、すっかり“話題の大型新人”扱いだった。
    思い返せば、「清廉性」という言葉が一人歩きするなど、「アナウンサーとは一体なんだろう」と考えさせられる騒動だった。

    ●小島慶子の初の小説 『わたしの神様』

    先日、元TBSアナウンサーで、現在はタレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティとして活躍中の小島慶子が、初の小説『わたしの神様』(幻冬舎)を上梓した。

    舞台はズバリ、民放キー局。主人公は「私には、ブスの気持ちがわからない」と言い切る人気女子アナである。
    誰よりもスポットを浴びようと競い合い、同時に地位と権力を求めてうごめく男たちとも対峙する彼女たち。
    テレビドラマで、そう簡単には描けない物語だ。

    低迷しているニュース番組がある。
    キャスターを務めてきた佐野アリサが産休に入ることになり、抜擢されたのは人気ランキング1位の仁和まなみだった。
    育児に専念する先輩と、これを機にさらなる上を目指す後輩。
    フィクションであることは承知していても、彼女たちの言葉は、著者の経歴からくる際どいリアル感に満ちている。

    例えば、ニュース番組担当の女性ディレクターは女子アナを指して、「ほんと、嫌になるわ。顔しか能のないバカ女たち」と手厳しい。

    当のまなみは心の中で言い返す。「この世には二種類の人間しかいない。
    見た目で人を攻撃する人間と、愛玩する人間。どれだけ勉強したって、誰も見た目からは自由になれないのだ」。
    さらに、「どんなに空っぽでも、欲しがられる限りは価値がある。
    (中略)他人が自分の中身まで見てくれると期待するなんて、そんなのブスの思い上がりだ。人は見たいものしか見ない」と容赦ない。

    また、この女性ディレクターが、アナウンサー試験に落ちた自分の過去を踏まえて断言する。

    「これは現代の花魁(おいらん)だと気付いた。知識と教養と美貌を兼ね備えていても、最終的には男に買われる女たちなのだ。
    (中略)自分で自分の値をつり上げて、男の欲望を最大限に引きつけるのだ。その才覚に長けた女が生き残る世界なのだと」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150608-00010002-bjournal-ent
    Business Journal 6月8日(月)22時30分配信

    【エグすぎる女子アナの世界が怖すぎwwww】の続きを読む

    • このエントリーをはてなブックマークに追加



    1: 一挙手一投足◆hIlGaFiNR. 2015/06/10(水)13:24:27 ID:css
    神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で加害男性(32)が手記を出すことを受け
    小学6年の土師淳君=当時(11)=を殺害された父親の守さん(59)がコメントを出した。

    加害男性が手記を出すということは、本日の報道で知りました。
    彼に大事な子どもの命を奪われた遺族としては、以前から、彼がメディアに出すようなことは
    してほしくないと伝えていましたが、私たちの思いは完全に無視されてしまいました。
    なぜ、このようにさらに私たちを苦しめることをしようとするのか、全く理解できません。

    先月、送られてきた彼からの手紙を読んで、彼なりに分析した結果をつづってもらえたことで
    私たちとしては、これ以上はもういいのではないかと考えていました。
    しかし、今回の手記出版は、そのような私たちの思いを踏みにじるものでした。

    記事全文は以下:神戸新聞NEXT(yahooニュース)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150610-00000008-kobenext-soci

    【酒鬼薔薇聖斗の手記に対しての被害者の反応・・・】の続きを読む

    • このエントリーをはてなブックマークに追加



    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 20:30:49.80 ID:???*.net
     6月20日公開の映画「マッドマックス 怒りのデスロード」では主役であるマックスの吹き替えに挑戦し、
    7月スタートの新ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)では主人公の池上タツヤ役を務めるEXILEのAKIRA。
    一見すると目覚ましい活躍のようだが、既報通り吹き替えは映画ファンには大不評。さらに新ドラマのほうでも気になる声が‥‥。

    「このキャスティングは公開処刑に近い」と言うのはテレビドラマ制作スタッフ。

    「AKIRAの演技はかねてより疑問視されています。さらに、AKIRAが勤める不動産会社の社長役が演技も人気も安定しているSMAPの稲垣吾郎。
    ともに人気グループのメンバーということで、嫌でも比べられますからね。いろんな意味で過酷です」

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

    アサ芸プラス 2015年6月9日 5:59 PM
    http://www.asagei.com/excerpt/37902

    【[悲報]エグザイルのアキラがかなり追い込まれているww】の続きを読む

    このページのトップヘ